2006年03月31日

台湾の隠れ名物・鉄板焼で、絶賛チキン

台湾の料理というと、誰もが中華〜っ、屋台〜っという
イメージを持つと思うのですが、なにせ日本の影響を
50年も受けていますから、日本の文化もしっかり
受け継がれています。
そこで、私が密かに隠れ名物と思っているのが、日本式の鉄板焼なのです。
なぜ隠れかというと、ガイドブックにはあまり載っていなさそうですし
(私が調べた範囲では・・)
やっとネットではまだちらほら(でも書いている人はいるんですよね〜)
なので、これから日本に知れ渡る名物だと思います。

日本での鉄板焼きは高級店のイメージがあると思いますが
台湾は違います。あきらかに気軽に食べれるもので
よくデパートの地下やショッピングモールによくある
カフェテリア形式のお店の集まりによく見受けられます。
こう書くときっとグルメの方は「あのたぐいの場所の食事は・・・」
と思われるに違いありません(たぶん)
しかし、台湾では、ここでこそ、安くおいしく鉄板焼きが食べれるので
逆にこういったところへ来たら鉄板焼きが一番のおすすめかもしれません。
もちろん普通の単独のお店もたくさんあります。

大概の人はコースを選択し、野菜が2品、
オードブル的なもの(海産物など)とお肉というのが定番のようです。
スープ、ご飯、ソフトドリンクは多くはセルフサービスで食べ放題
のようなところが最近増えてきています(競争が激しいのです)
そしてお値段はお肉等によりますがこの程度ですと500円から1000円
ぐらいで、日本と同じように目の前で焼いてくれますので
それだけで、演出効果抜群です(贅沢気分〜♪)

そして、おととい仕事の用事で、ある郊外のショッピングモールに
買い出しに行きました。そしてその晩の夕食は鉄板焼き。
ただ、今回は、ちょっとあることにチャレンジしてみました。

お店の雰囲気はこんな感じです。
20060330c.jpg
(1年前、ある店に行ったときのお写真。
今回のお店とは違いますが、大概こんな感じです。
手前の料理がサーブされたもので、左の方に黒くソースみたいな
ものが今回の日記の話題のもので、バーベキューソースで
あえた牛肉なんです。お肉は埋もれています。笑)

どんなチャレンジをしたかというと、上の写真にある
バーベキューソース(沙茶醤)にあえた牛肉・・・
大概この手の店の調理法がいつも同じで、お肉を焼いて、
最後にこれらを細かく切ってバーベキューソースであえて炒めるのです。
そして私はいつもバーベキューソース、いつも味が強いな〜と
思っていました。
(ソースのうまみはあるのですが、ソースがしっかりしているので
お肉の味があまりわからなくなってしまい、へたすると何肉かもわからない
ときがあります。笑)
そこで、今回、シェフの人にはもしかしたら失礼になってしまうかも
しれませんが懇願して、バーベキューソースを使わないで
シンプルに調理して欲しいとお願いしました。
そしたら、快くOKを頂き、実はオリジナルのやり方があります!と
教えてくださいました。

そして、台湾ビールを飲みながら、まずは追加オーダーした鉄板豆腐。

20060330d.jpg
(鉄板豆腐。ガーリックが効いていてとてもおいしくビールに合います)

20060330d.jpg
(今回のお肉はチキンを選びました。日本では珍しいかもしれませんね。
下ごしらえとして、小麦粉がかかっているようです)

20060330f.jpg
(これが、お願いしたチキンです。一緒にいらした台湾の方は
いつも通りのバーベキューソースでした)

お願いしたチキン、なんとこれが絶賛すべき味!!
一緒にいらした日本の方も感激してしまい、おいしいおいしいと
言って食べています。
バターの風味と、このたくさんのガーリック、あと唐辛子
(台湾のものはあまり辛くなく、うまみがあります)
が抜群にあって、また調理も非常によく、火の通し加減などの
塩梅も最高でありました。
次の日(昨日です)、この日本の方と5回ぐらい、
「昨日のはおいしかった〜」と
会話に出てきたぐらいインパクトがありました。
そして、普通のバーベキューソースを頼んだ台湾の方は、味見した後
「次回は絶対にこれを頼む!」と感激していた様子(笑)

4人分で(お酒代も入って)3500円ぐらいの
大満足のディナーでした。
みなさんも、台湾の鉄板焼き是非トライしてみてくださいね!
(可能なら、違う調理法も。笑)


posted by hikkoshi at 13:43| パリ ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

桜のマカロン

昨日からから、海外出張なのでなにかよいお土産ないかな〜と
例のごとく京都で散策していると、
そこには、桜のマカロンがあるではないですか!!
桜、マカロン、京都・・これらのキーワードだけで
私の心の琴線ふれまくりです(笑)

このマカロン、京都の北山にあるMalebrancheの季節限定商品でした。


20060330a.jpg
(5つで700円です。箱からかわいい)

20060330b.jpg
(次の日さっそく職場の桜の下で桜とマカロンのツーショット。
本日、東京は花見の絶好の日々のはずですが
この撮影日は3日前なのでかなりつぼみがあります。少々残念〜)

この撮影の後、しっかり食べてしまいました(笑)

posted by hikkoshi at 08:01| パリ ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

もう少し広くなって欲しいなぁ〜成田空港ラウンジ

先日は羽田空港のラウンジのお話をしたのですが
今ちょうどは成田のラウンジ(by カード会社系列)を
使っているので写真をアップしてみました。

羽田のラウンジに比べる以前に、ここはもう手狭ですね・・・
今朝も、ある時間帯はまったく人が入れない感じでした。
新聞とかのおいてある量も少ないですし、

おそらくビジネス・ファーストクラスのラウンジが
充実しているために、カード会社も力を入れていないのかもしれません。
しかし、ユーザーとしては是非とも今後のパワーアップとして
期待したいところです。

20060329a.jpg
(この20分後に完全に満席。入れなくて帰っていく人も・・)

20060329b.jpg
(ラウンジとは関係ないですが、出発カウンターあたりに
桜が飾ってあったので写真を撮ってみました)

こうやって改めてみると、羽田空港のラウンジ、秀逸ですね!
ひとつ例を出すと、私が気づいた限りでは
パンの提供(朝のみ?) 羽田・・○  成田・・×
オレンジジュース    羽田・・○  成田・・×
アップルジュース    羽田・・?  成田・・○
トマトジュース     羽田・・○  成田・・×
ウーロン茶       羽田・・?  成田・・○
アルコール       羽田・・有料 成田・・1杯目無料
(?は忘れてしまいました・・・確かあったはずです)
となっており、羽田の方が全体的に私的には魅力に感じます〜
posted by hikkoshi at 09:11| パリ ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

町屋で中華 膳處漢ぽっちり@京都

先程行ってきました!
(といっても新幹線の終電で帰京。便利な世の中です。笑)
はまりにはまっている町屋@京都シリーズ(笑)
今回は、中華です。
際コーポレーションがやっている膳處漢ぽっちりに行って参りました。

際コーポレーションの勢いはとどまるところ知らず
京都には、町屋を使ったおしゃれ中華のお店が
いくつかあるのですね!

際といえば、中島武さんですが
上司にしたらとっても怖い(笑)ですが明らかにやり手という感じです。
中島武公式Blogによれば

京都には京の店を。だから私は京都には紅虎や万豚記はつくりません。

ということでございます。

20060326a.jpg
(もともとは呉服屋さんだったそうです)

20060326b.jpg
(ウェーティングルームがかなりいい雰囲気です。
これがあるとずいぶん高級感が変わりますよね)

20060326c.jpg
(中庭。暗くてよく写っていなくて残念。本当にとても素敵なお庭です)

20060326d.jpg
(コースの点心から)

20060326f.jpg
(さわらの油淋ソース。とても食べやすいです)

20060326g.jpg
(最後の麺。これは上品なお味)

20060326h.jpg
(蔵は別途”ぽっちり”という名前のバーになっています。
時間があるならここへ是非)

コースについて言えば、中身に対して値段は少し高い感じをうけるのですが
サービスや場所代(雰囲気がとてもよい)を考えれば適当な
お値段かな〜と思います。
何はともあれお店の人はとても親切で、
新幹線の終電をやけに気にしてくださって
いろいろしてくださいました。感謝です!
posted by hikkoshi at 01:14| パリ ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

バッハのシャコンヌ

先日、変奏曲好きというお話を書いていたわけですが
結局曲を挙げても挙げても切りがないので(ほとんど無意味。笑)
途中で打ち切ってしまったわけですが、やっぱり
これははずせない〜というものが出てきてしまいました(笑)

というのも、この表題にある、バッハのシャコンヌを
数日前に思い出してしまったからなんです。

少し解説をいれるとこのバッハのシャコンヌは、
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番の終曲でありまして
たくさんある無伴奏ヴァイオリンの曲のひとつです。
(これらすべてがすばらしいのですが、シャコンヌは私の中で
お気に入り中のお気に入り)

はじめの8小節の主題を29変奏行うのですが
その中ではさまざまなドラマがあり、これをバイオリン一本で
演奏するという名曲というだけでなく難曲でもあります。

もちろん、これだけの名曲なので、さまざまな編曲があります。
ブゾーニという作曲家兼名ピアニストが編曲した
ピアノ版・・・これは元の曲をベースに劇的な演奏効果を加えています。
実は、数日前、最近この曲を練習しているという
ある方に偶然弾いてもらったのですが(目の前で!)
あまりのすばらしさに大感激。
(今後この方に会うたびに懇願しそうで怖いです・・・笑)
そしてブゾーニの編曲は編曲の域を超えている・・・とひたすら感激。

また当然のごとく(!?)、オーケストラ編曲、弦楽合奏編曲版も
あるわけです(さまざまな人が編曲していますね)
これも奇しくも、数日前、私の大学時代の親しい先輩が
(小さい頃から特別な音楽教育を受けたわけでもなく
私と同じく普通に一般の大学を卒業したと思ったら音大に入学して
プロの指揮者になってしまい、そしていまや世界のコンクールで
入賞しているという凡人離れした驚くべきお方)
「今度、弦楽合奏のシャコンヌを演奏会でやるから来て♪」
とうれしいメール!!

というわけでこんな偶然が重なったので、思わず日記に書いてみました。
(またアマゾンでCDを買ってしまいそう〜笑)

ネットで調べてみると、詳しい解説もあり演奏をフリーで
タウンロードできるサイトがあったので最後に紹介しますね。

無料クラシック音楽MP3配信サイト (机の上の交響楽)
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ 第2番より
posted by hikkoshi at 11:03| パリ ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

空弁を東京からの手みやげに

いま言うまでもありませんがいまや国内線では機内食は出ません。
ということもあって、羽田空港で出されるお弁当の
空弁を買うというのは、ちょっとした旅行者の駅弁的な(?)
楽しみかもしれません。
そして、最近の特に人気がある空弁

みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司

なのですよね(長いネーミングですね。笑)
焼き鯖ということもあって、賞味期限も長く(72時間)
お土産にもうってつけです。

20060323d.jpg
(JALのお店で売っています。いまはヒットしたということもあり
他の種類もあるようです)

20060323e.jpg
(一箱900円です。4切れで600円というのもあります。
箱がコンパクトなのはお土産として持ち運びも便利ですし
実際に機内で食べるのも便利でしょう)

20060323f.jpg
(真空パックになっていて、食べるときは乾燥はしていません。
そして、焼き鯖は肉厚でボリューム感があります。
あとポイントはにおいがあまりしません。これは機内で食べるとき
とてもよいかも)

もしJALカードを持っている方でしたらカードで
買うと1割引なので試してみてくださいね
(元値が一箱900円なのでこれだとかなりお得感あり)

いままではなかなか空港で買いたい!というものはなかったのですが
これは自分用とお土産用、どちらでも使えるところがポイント高いですね!!
posted by hikkoshi at 23:25| パリ ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

羽田空港のラウンジにはまりそうです

本日のJALのストライキ回避されましたね。
これを知る前に今日のフライトを予約してしまい、またもや
先日のスカイマークの二の舞になるのではと危惧してしまいました(笑)

ところで、空港での待ち時間での空港ラウンジは実に重宝しますよね。
物価の高い空港ですから(笑)いちいちお店に入っていたら大変です。
そして大きな空港でクレジットカードさえあれば
(ゴールドカードクラスであれば使えますよね)
大概ラウンジが使えるわけです。
とはいえ、やはりJALなどのハイクラスのラウンジに
比べれば見劣りするかな〜(言うまでもなく当然ですね。笑)
成田空港を使う限りは思っていました。
しかし、だからといって国際線ではビジネスクラス以上のチケット、
国内線では1年間にかなりのフライト数(または距離)があればなれる
JALグローバルクラブなどの会員でないと使えないなんて、
これも私にはなかなかチャンスがありません(涙)
(グローバルクラブなんて大概毎年寸前まで行くのですが
いつも今一歩足りず・・やっぱり会員になるには事実上
毎回ビジネスを乗るぐらいじゃないとだめなのですね・・・しくしく)

ここで本題ですが、今日初めて羽田空港の
クレジットカード会社のラウンジを使いました。
(いままでなんで使わなかったのか不思議ですが、
とにかく使ってみました!)
そしたら、成田とは全然違って、実に快適!
成田(第2)は場所が狭く(最近では座れないこともある)
光も差し込まないのであまり快適〜という感じではありませんでした。
一方羽田は、下の写真のようにすばらしかったです。

20060323a.jpg
(窓が全面にあり、光が差し込んでいます。)

20060323b.jpg
(一番びっくりしたのがこれ。ジュースは野菜ジュース、トマトジュース
まであり、朝食にクロワッサンがありました!!)

20060323c.jpg
(なんといってもうれしいのが、席がブース形式になっているんです。
これでおちついてくつろぐことができます)

私は普段あまり朝食をたくさん食べないこともあり
いちいちお店で食べるのも量が多すぎますし値段もかなりします。
しかし、ここでクロワッサンとジュースやコーヒーで
とても快適な朝食を済ませることができました。
まだまだたくさんいいところを気づいたのですが、成田とは
格段の違いでよかったので、今後羽田ではここを愛用しそうです(笑)
(クレジットカードのゴールド会員というだけで、これだけの
ラウンジが提供されてるというのはコストパフォーマンス
よすぎです。カード会社の競争が激化と関連はあるのでしょうか?不思議)

追記:このページは必見!
Airport Lounge(クレジットカードミシュラン)
posted by hikkoshi at 15:58| パリ ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

静岡おでん

全国的にはまだまだ有名でないかもしれませんが
おでんは実は静岡の名物です!

Googleで調べてみると

Google検索「静岡おでん」

驚くほどたくさんたくさんのサイトありました
真っ黒の出汁でびっくりしてしまうかもしれませんが
これとお酒は実にあいます(笑)

今日は、静岡おでんの缶詰を見つけました。
そしてさっそく食してみることに・・・
まずは、お店で出ているおでんを紹介しますね。

20060320a.jpg
(これは、私のお気に入りの店、旧清水市(いまの静岡市)の三保半島にある
御穂鶴の静岡おでん。おいしいですよ〜)

それではさっそくおでん缶を開けてみましょう。

20060320b.jpg
(これが、静岡おでんの缶詰。ショート缶もあるみたいですよ)

20060320c.jpg
(開けてみるとスープも入っています)

20060320d.jpg
(ちょっと凝って頂き物のルクルーゼ(ありがとうございました)に入れてみることに。
そうするととてもいい雰囲気に・・・
そしておなじみ原了郭の黒七味も散らしてみました)

暖めると味はなかなかです!
これは私のお土産リストに今後はいることになりそうです(笑)
posted by hikkoshi at 00:02| パリ 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

変奏曲好き

今日は音楽のお話です。私の尊敬しあこがれの方が
(いまも私の隣の机で仕事していらっしゃいます)
つい先程、
「この間、海外でパッヘルベルのカノンののCD買ってきたのだけれども、
このCDはとてもおもしろいから是非聴いてみて」
といって貸してくださいました。
聴いてみると、なんとさまざまなカノンが入っているではないですか。
それだけでなく、なんと変奏曲も!

そう、私はとてもとても変奏曲が好きなのです!!
曲を挙げたらきりがありませんが、思いつくままに挙げてみると・・・

・ベートーベンのエロイカ変奏曲
 もともとのピアノ版も大好きですし、
 交響曲3番第4楽章の版も好きです。
 シンフォニーを挙げると、第9の3楽章、田園の5楽章と
 まだまだいろいろ好きなものがありました(汗)

・エルンストの無伴奏のVn練習曲、夏の名残りのバラ
 いわゆる超絶技巧ですが、技術云々ではなく
 感動がある名曲中の名曲。
 五嶋みどりさん、クレーメルのCDではまりました。
 このラインだと、クレーメルのパガニーニのカプリスの変奏曲も
 はまりますよね。

・モーツァルト・ディベルティメント(弦楽三重奏)、第4楽章
 モーツァルトファンの人気ランキング(?)の上位に
 間違いなくあがると思われる(と私は思います)このディベルティメント。
 この4楽章の変奏曲も絶品ですよね。
 トリオでこの厚み、すばらしすぎます。

・ロッシーニ クラリネットと管弦楽のための序奏、主題と変奏曲 変ロ長調
 ソロとオケとなるとチャイコフスキーのロココ変奏曲など
 これまた挙げたらきりがないのですが、
 これはあるときふと聴くことができた曲。
 CDも数多くはありませんがおすすめです。
 (生で一度聴いてみたい!)

なんて書いていてもきりがなくてまったくの無駄な
作業であることに気づきました(笑)
というわけで今晩はこの辺で書くのをやめて
カノンバリエーションを聴く夜になりそうです。
posted by hikkoshi at 23:19| パリ | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

座席別に課金?

先日の日記で快適なフライト生活には
エコノミーといえども座席選択はとても大事と言ったばかりですが
下記の記事、これは私にとって大変なことになるかも・・・

米航空会社が通路側の席に課金?新たな収入源求めあの手この手 (ロイター)

[シカゴ 14日 ロイター] 原油価格の高騰による燃料コスト上昇と
業界内での競争激化を受け、米国の航空会社では新たな収入源を探して
躍起になっている。ノースウェスト航空では、
通路側および非常口横の座席指定に追加料金を設定しようとしているもようだ。

確かに言われてみると、先日関空に戻るときに使ったNW便
帰りまではさすがにビジネスではありませんでした。笑)
なんとアルコール、1飲料500円のチャージがかかると言うではないですか?
HPを見てみると確かに

ノースウエスト航空アルコールサービス有料化開始のご案内

機内食がない国内線に空弁が普及しつつあるように
今後はエコノミーで持ち込みのアルコールとかが増えそうですね(笑)

20060316a.jpg
(帰りの機内食。アルコールは有料といわれたので、ジュースで。笑)
posted by hikkoshi at 17:12| パリ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

初めての神戸空港

数日前、初めて神戸空港を利用しました。
次の日、朝のかなり早い時間から東京で仕事だったので
新幹線で帰った方がいいかな〜と悩んだのですが
値段が安かったのと、時刻表の範囲では帰宅時刻がほぼ
同時と予想されたので、数日前にスカイマーク
(昨日話題でしたね。笑・・ごとじゃない??汗)
の羽田便を予約しました。
値段は普通運賃1万円で恐ろしく安いです。
私はよく知らないのですが、この値段で出せるというのは
神戸市が補助しているのでしょうか?

まず三ノ宮駅からポートライナーで、神戸空港駅へ向かいました。
値段も320円でかつ20分弱で着くので交通の便はよいかと思います。
着いたところ、たくさんの人!これはオープンが2月16日ということで、
まだここは観光地だったからなのです。

20060311b.jpg
(空港自体はこじんまりしています)

20060311a.jpg
(自分が乗る一つ前に離陸したJAL便を撮ってみました。
もう少し仕事が早く終わる予定であれば
マイルのこともあるのでこの便に乗ったのですが、ただスカイマーク
比べると4000円前後値段が高かった記憶です)

実は当日朝に霧が出たため、スカイマークの便が
時刻通りに離発着できず、私の便は2時間遅れで出発しました。
(なので次の日お仕事つらかったです・・・涙)
こういうときは無理して飛行機でなく新幹線の方が良さそうです(笑)

印象では、神戸の新幹線の駅が新神戸でありやや不便であること、
既に述べましたがポートライナーでの移動はそれほどかからないこと
羽田空港都内への交通がだんだん良くなっていること
スカイマークであれば値段は5000円、7000円、
最大10000円(当日購入しても!)で
一日4往復のフライトがあることなどをあげると、
のぞみと比べても羽田便に関しては魅力はあるように思います。
空港としての利便性は少し悪く、いすが少なかったり、
お店もやや実用的ではないのでこの辺は今後改善を期待したいところです。
posted by hikkoshi at 01:11| パリ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

神戸の夜はNADABAN DINING

関空へ到着したその日はすぐその足で神戸へ。
山下シェフに興味があったので元町駅すぐそばのNADABAN DININGに行ってきました。
お店は写真からはもう少し大きい感じがしたのですが、
全然そんなことはなく私にとってとてもよい大きさ。
山下シェフをねらってカウンターをねらうものの
ご出張ということでいらっしゃらなかったのは残念。
(確かにご本人のブログに書いていらっしゃいますね)
お店の人は是非事前にお電話ください〜とおっしゃってくださいました

20060308a.jpg
(牡蠣を吟醸酒でスティームしたもの。上にかかっている大根おろし、甘めでおいしいです。
生の牡蠣が苦手な人もおいしく食べれると思います)

20060308b.jpg
(これはお酒がいくらでもすすみそうな逸品。アンチョビの焼きそばなのですがカラスミもかかっていてシンプルながら実に美味)

20060308c.jpg
(神戸牛のグリルとウニソース。普通に食べてもおいしい神戸牛にうにを。おいしかったです)

ワインは、オーストラリアワインを安価にて提供してくださっています。
自分でラベルを見ながらボトルを選ぶことができます。
さまざまな人のブログでも書いてありますが、最後はびっくりする値段。
神戸も恐るべしです。赤坂にもお店ができるので今度行ってみます!
posted by hikkoshi at 19:52| パリ ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

日本茶ティーパックは使えます〜

やっぱり日本茶はおいしいですよね。
海外いるときはなおさら飲みたくなったり。

そんなわけで、いつも私は日本茶をよく海外へ持って行きます。
そして持って行くのは大概ティーパックにしています。

この日本茶なぜ便利かというと
お客さんが自分の滞在している部屋に来たとき
ちょっとしたおもてなしになるからなんです。
もちろん、コーヒー、紅茶、現地のお茶などでも
いいのですが、自分の部屋に来るとなるなら
やはり日本のもので・・・と考えてしまいます。
そんなときにこの日本茶は自分が飲むだけでなく
こんなときのおもてなしにもなるんですよね。

そしてティーパックの理由は、なんと言っても手軽。
粉のパックの方が軽くてコストパフォーマンスもいいではないか〜
と思うのですが、ティーパックだと余ると
そのまま現地の日本の方のお土産なんかになるのです!
(箱などはないわけですが、現地では貴重品なのでこの状態でも
とても喜ばれ、かといって封を切っているわけでないので
それほど変な感じはしません)

というわけで今晩は日本茶を飲みながら書いてみました!

20060302a.jpg
(これは伊藤園のです。ドンキーホーテで買いだめ)
posted by hikkoshi at 00:23| パリ ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。