2006年11月19日

アインシュタイン・ハウス

短期間のベルン滞在。
用件がすべてにおいてタイト。
でもせっかくならベルン美術館、オペラ・・・
と欲張りな私は(笑)あちこち
行きたくなるばかりです。
でもあと2年以内に2回はベルンにはこれそう
とふんだからには(外れたら悲しいですね。笑)
やっぱりここは短時間でも、見るのに外せない場所は
アインシュタインハウスでしょう〜

アインシュタインといえば
20世紀最大の物理学者といってもよい
(ノーベル賞、数個もらってもおかしくない)人ですが
モーツアルト大好きだったり
(ちなみにいとこはモーツァルト研究家)、
彼自身もヴァイオリン弾きと
このブログでははずせない(笑)、音楽愛好家です。

チューリッヒの大学で物理を勉強したあと
運悪く大学に勤めることができず
家庭教師をしながら生計をたてていたそうです。
そしてなんとか特許局の仕事を得ることができ
このベルンの街に新婚のアインシュタイン
すんでいたそうです。
アインシュタインはこのベルンの家を気に入っていたようで
またここから驚くべき成果が生み出された場所でもありました。

20061118.jpg
(ベルンの街からはこの美しいアルプスの景色が)

20061118a.jpg
アインシュタインが住んでいた家のクラム通り。
この通りの景色を特に好んでいたとのこと)

20061118b.jpg
(その家は、アインシュタインハウスとして見学できます)

20061118c.jpg
(この家で新婚生活をすごし、また論文を書いていったようです)

20061118d.jpg
(ヴァイオリンを引く姿)

このハウスは、当時の雰囲気も残しつつ、
展示や、映像でアインシュタインの奇跡を
知ることができます。
しかしなんていっても、この場所の醍醐味は
このベルンの美しい街並みと雰囲気を味わうことができることです。

さらには20世紀の科学を大きく変えてしまう結果が
次々とここで生み出されていたなんて・・・
と感慨深くなるような場所です♪


posted by hikkoshi at 14:02| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。