2007年01月12日

屏東の名物〜豚脚

台東から台湾をぐるりと周り西側へ。

ただいま執筆中です〜♪

20070112a.jpg


posted by hikkoshi at 23:56| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

台湾新幹線体験記〜乗車券購入編

紆余曲折を経て、台湾新幹線はやっと2007年1月5日に
仮営業することができました!(祝)
最初は部分営業で、北の大都市、台北のすぐそば、板橋と
南の大都市の高雄のすぐそば左営駅の間で運転されています。

そして今回は、この左営駅と、桃園駅の
間の区間を乗ってみることにしました。
なぜ桃園駅?それは、国際空港の
桃園国際空港のそばの駅で、
海外から台湾の各都市への移動で
最も重要な駅だからなのです♪
なのでまずここからチェックです〜♪

TaiwanHighSpeedRail_Route_jp.gif
(Wikipediaの「台湾新幹線」の地図から引用させていただきました。
高雄と台北の大都市間が90分で結ばれる予定なのです〜
いままで最速の特急ですら4時間かかっていましたから
すごいことですね!)

20070110a.jpg
(左営駅です。駅前は工事中のマンションがあちこちで建っています。
地図を見て分かると思いますがここは高雄からは
それほど離れていません。)

20070111b.jpg
(明るく開放感のある駅。SONYの宣伝があちこちで見られました)

問題は切符です。
こんなニュースがありました。

 台湾新幹線 トラブル続出 波乱含みの開業 (イザ!)
  事実上、「ぶっつけ本番」となった乗車券の予約販売では、
  券売システムが軒並みダウン。券売機に紙幣を入れると、
  いきなりコインが吐き出し続けるなどのハプニングも起き、
  地元紙は「スロットマシン」と皮肉った。
  こうした混乱の中での乗車券入手に「10時間待ち」
  という人もおり、「これではバスの方がよっぽど速い」
  との苦情も聞かれる。(2007/1/5)

10時間待ち!?スロットマシン!?(笑)
ローカルTVを見ていても同じ座席が3人に発券されていたとか
トラブルがたくさん放送されてました。
乗った日の前日でも90分待ちというニュースが
流れていたので予約もなしで心配〜と思っていたのですが、
(まだネット予約は準備中でした)
それこそぶっつけ本番で出かけていきました。
ところが平日だったからかあまり自動販売機は
並んでいませんでした(ラッキー!)
なぜか、対面販売はとても並んでいる様子。
でも自動販売機でも購入はできるので
何も問題ありません。
運良く15分後の新幹線に乗れることが判明!

仮営業中の料金半額の期間だったのもあり
ビジネス(日本でいうグリーン車)に
乗りたかったのですが、夜の便しかなく
7時間も待つのも・・と思いそれは断念。

20070111c.jpg
(それほど混んでいない自動販売機。これはラッキー!)

それでは、切符の購入です。
現金、クレジットカード、デビットカードが使えます。
まずはクレジットで購入をトライ。
案内は英語もあり、初心者でも難なく買えます。
ただ支払いの段階で、自分の数種類のカード、どれも
受け付けてくれないんです・・・
(そういう人が何人もいました)
デビットもやってみましたがやはりだめ。
また途中で機器がハングしてしまい元の画面にさえ
戻れなくなってしまいました。
最後は、他の販売機のところに行って現金で購入することに。
そしてお札をいれ購入すると、
なんとおつりはいで全部コイン〜(汗)
紙幣が欲しい場合は、となりの両替機で
紙幣に変える必要があります。

案内の女性が数人ついていましたが
トラブルが多いのと、まだなれていない人も
多いので、案内の方々は引っ張りだこでした。

この販売機や発券システム、フランス製なんです〜
えっ、新幹線なのにフランス製?と思われる方もいるかもしれませんが
実はこの新幹線の受注は複雑な経緯
当初は、ドイツ・フランス連合が契約を勝ち取ったようなのです。
しかし、ドイツ新幹線の大事故や台湾大地震のせいで
日本の新幹線に最後ひっくり返ってしまったという
事情があります。それどころか、全部新幹線システムではなく
車両が新幹線なだけで、以前の契約の関係か
フランス製・ドイツ製が随所に入っている、日欧混合型のようなのです。
(安全性・精度の高さ・快適さに自信のある日本チームは
この辺をとても残念に思っているみたいです・・)
でもスロットマシーン、今度フランス行ったときに
起こってくれないかな〜と不謹慎なことをちょっと思ったり(笑)

20070111d.jpg
(オレンジ色の切符がまぶしい〜♪)

20070111e.jpg
(案内板の色づかいは台湾的で台湾国鉄もこんな感じ〜)

20070111f.jpg
(このデザインから考えると自動改札も
フランス製ではないかとふみました。笑)

20070111g.jpg
(微妙に不便なのは、券を裏返しにいれないと
いけないんです〜みんなこれでつっかえていました。笑)

20070111h.jpg
(新幹線はすでにホームに)

次回は、乗車編です〜♪乞うご期待
posted by hikkoshi at 23:45| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

台東のとろけるフルーツ〜

花蓮より南にある台東へ移動してきました〜
ここしばらく台東へ来ていなかったので
ちょっとお店とかが変わっていてびっくり。
いまは列車も以前よりスピードがぐっとあがって
早く着くようになりましたが、ちょっと数年前までは
台北から、6,7時間ぐらいかかっていた記憶です。
しかし発展した西側と違って東海岸は本当に
いい感じの田舎〜なので列車で時間を
かけていくのもとても風情があります。
(とはいえさすがに時間がかかるので
当時は飛行機をついつい使っていました〜笑)

ここに来たら、私の大好きなフルーツ♪
釋迦を食べないと行けません〜
このフルーツ、初めて食べたときは
とろけるような舌触りとすばらしい甘みで
びっくりしてしまいました。
(感じは、カスタードとヨーグルトの
中間のテイストと舌触り)
それ以来すっかり虜になったのですが、数年前までは
あまり台北周辺では見かけられなかったんです。
なのでとにかく台東にきたら、釋迦釋迦
連呼しています(笑)

この釋迦、お釈迦様の頭にそっくりなので
この名前が付けられたそうです。
一方、英語はシュガーアップルで
食べるときの砂糖を食べているじゃりじゃり感から
名前がきているそうです。

今回は釋迦のみならず、チェリモヤとかけた
鳳梨釋迦(パイナップル釋迦という意味?)も食しました。

20070110a.jpg
台東にくると国道脇あちこちで即売されています)

20070110b.jpg
(こんな感じでかご単位で買えます)

20070110c.jpg
(奥が鳳梨釋迦、手前が釋迦です)

20070110d.jpg
(左が鳳梨釋迦、右が釋迦です。
タネは黒くて大きいのです。
中の白くとろける感じがとてもおいしいそう〜
鳳梨釋迦は最近台湾ではやり始めた品種で
少し釋迦より酸味があり食べやすいです♪)

20070110e.jpg
(こんな感じで実がついています)

20070110f.jpg
(農園ではたくさんの鳥たちが放し飼いに)

今回は、2種類ともに購入して、いま私の冷蔵庫に入っています。
明日の朝食ではもちろんこれを食べます〜♪

エピローグ〜♪
今日、この日記にみなさんがレスポンス。
「この果物の種、持って帰れない?」
とのことで(オフィスの敷地内に埋めることを
たくらんでいるらしいです。笑)
さっそく農林水産省食物検疫所のサイトで
検索をしてみると・・・
生果実はミカンコミバエ種群という病害虫の影響が
あるかもしれないからだめで、
種は通常の検疫を受ければいいみたいです。
(ただ輸出国政府機関が発行した植物検査証明書が
必要なのでちょっと大変ですね〜)
posted by hikkoshi at 23:41| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

台湾新幹線・初体験〜〜!!

2007年1月5日に試験営業開始した
日本の新幹線の初の海外版、台湾新幹線
今日、乗ってきました〜〜!

まだ仮営業で、部分区間運転ですが
本営業の15日の前日まで
運賃半額〜ということもあり台湾中がフィーバー〜♪
チケット買うのに90分待ちだったりするらしいです。

いままで数度、延期されてやっと仮営業。
なんどもトラブルに見舞われ、そのたびに
延期、延期、となかなか日本では
見られない状況ですが、こういったところは
良くも悪くも台湾的(苦笑)
しかしこれからも事故だけは絶対に
起こらないことを祈ります!

20070109.jpg
(表は新幹線と奥は在来線)

体験記は数回にわたってレポートしますね♪
posted by hikkoshi at 23:17| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝食に蒸し餃子

早朝から花蓮の朝は何を食べようかな〜?と。
滞在先が夜市のすぐそば。となると確か、
ここにある蒸餃子・水餃子・小龍包の人気店
公正街包子店は24時間営業だから
朝でも食べれるはず!
花蓮のお気に入りのお店です〜♪
というわけで朝から蒸し餃子を食してしまいました(笑)

20070109a.jpg
(朝からいい感じのスティームです〜
お店の人はどんどん作っていっています)

20070109b.jpg
(これ10個で110円だとは!甘みのある蒸し餃子、美味です♪
タレがとてもおいしいのですが、
おろしにんにくが入っているのが朝食には悩みのタネ?笑)

20070109c.jpg
(今日はスープも。これも50円ちょっと)

これだけでもかなりのボリュームで
味的にも満足感があります。
おいしい蒸し餃子にエネルギーをもらってから
さらに南に向かって出発〜♪
posted by hikkoshi at 18:07| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

花蓮の新しいお店〜!

昨晩の夜は、花蓮でお食事しようということに。
花蓮は台湾の東海岸側そして真ん中に位置する都市です〜)
お店はどこにしようか〜なんて考えて
前回行った思想起に向かっていったら
なんと新しいお店を発見っ!
とてもいい雰囲気なので即決定〜になりました。

20070108a.jpg
(建物は日本家屋風で、思想起のそばにあります。
昔あの当たりはたくさんの日本人が住んでいたのでしょうか?
この外観で、すぐにここにしよう〜〜と決定。笑)

20070108b.jpg
(門の裏側からしておしゃれな雰囲気になっていました。)

20070108c.jpg
(中も開放的でとてもいい雰囲気)

お料理は基本的にスタンダードな中華で
気軽に使える値段に設定されて安心〜♪
飲み物が他の中華レストランより充実していて
カフェ的な使い方も昼間はできるに違いありません。

20070108d.jpg
(お酒はワインなどもそろっていますが
乾杯は台湾ビールの金牌で)

20070108e.jpg
(大薄片という豚肉の薄切りの冷菜)

20070108f.jpg
(醤爆鶏丁。まさに鶏の炒めもの)

外にはオープンエアの席もあります。
お庭が素敵なので今度はお昼間にお茶してみたいです♪

邊城餐廳
花蓮市明禮路26巷10號
03-8346550


posted by hikkoshi at 23:49| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

また絶賛チキントライ!

台湾ではまっている、鉄板焼〜。
前々回でチキンのよさにはまり
前回はトライしたもののうまく
リクエストが伝えられませんでした。
なので今回は、前々回と同じ店で
もう一度あの味を〜とリクエスト(笑)

20070105a.jpg
(同じ店なのですが以前台湾ビールが台湾ビールそっくりさんに。笑。
このビールは韓国から輸入しているビール)

20070105b.jpg
(オードブルは、キャベツ炒め)

20070105c.jpg
(いい感じです〜)

20070105d.jpg
(なんと、今回はソースを別につけてくれる形に)

3人で食べて2000円でした〜
恐るべきコストパフォーマンス(笑)
posted by hikkoshi at 00:48| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

モダン系

昨年の滞在の時、モダンよりでおしゃれな店に
トライしてみましょう〜ということでXYZへ。
お店のHPをご覧になっても分かりますが
照明はぐっと落とされていて大人な雰囲気です(笑)
こういった店にはお約束(!?)でバーがあります。

お料理も、シェフのPiscopoさんのページによれば
モダン・カリフォルニア・キュイジーヌがメインと
ありましたが、日本にいる人から見れば
無国籍よりなお料理といった感じがお味また見た目も
思わせるものがあります。

美男美女が着飾って友達と会ったりデートしたりする
社交場的なレストランかなといった印象でした。
その雰囲気代としてか、プライスはちょっと高めかな?

20070104a.jpg
(お店は大人向けっ〜という雰囲気でかなり暗め。笑)

20070104b.jpg
(カリフォルニア・キュイジーヌがベースだそうです)

20070104d.jpg
(まぐろのタルタルはいまや全世界的なお料理ですね〜
日本ではおしゃれ系レストランの定番メニューですし、
思い起こせば私は前回はパリで食べていました。笑)

20070104c.jpg
今回行ったホーソーン・レーンなどよりはやや重量のあるテイスト。
全体的にデザインはお店の雰囲気に合わせている感じですね〜)

ここでひとつ裏話。
こういったおしゃれなお店は照明が超落とされているので
お写真が全然とれないんです(笑)
やはりこういった大人向け系でパリ・コンコルドにある
ブッダ・バーというレストラン&バーもよく行くので
いつもブログに載せよう〜なんて
写真とるのですが、いつもまともなお写真が
全然撮れてなく、いまだこの日記にはアップされていません〜
(次こそがんばります〜♪)
posted by hikkoshi at 09:41| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

今回は予約でいっぱいでした〜

今回行きたかったけどいけなかった
サンフランシスコのフライ・トラップ
(名前が「ハエ取り器」なんてすごい。笑)
一緒に行こう〜と言っていたアメリカの方に、
ここにしようよ〜とプッシュ。
なぜこのお店にしたかというと
昨年2度出かけてちょっと気に入ってしまったのです♪
ここにはとてもおいしいスープがあって
もう一度食べたいな〜とずっと思っていたのです(笑)
しかし・・・・・今回は満席とのこと〜(涙)

このレストランはちょうど100年になる老舗で
(アメリカで100年とはすごい)
味も雰囲気もとてもいいです。

なぜか、日本の主要なガイドブックでは
一度も見たこともなく、先程
グーグルで検索しても日本語で
紹介しているページはみつからなかったから
もしかしたらこのページが本邦ネット初公開(!?笑)
かもしれません♪

料理は、フランス、イタリア、スペインなどの
料理が融合したクラシカルな料理です。
クラシカルといえども、それほど重くなく
かといってはやりのカリフォルニア・キュイジーヌとは
また違うタイプのお料理です。

お部屋の中もクラシックでまた照明がおしゃれで相当暗い〜(笑)
バーカウンターも充実しているものあってデート向けかも。
来年こそ行けるといいなぁ〜と思いました。

20070103a.jpg
(お店はソーマにあります。この赤い屋根が目印)

20070103b.jpg
(なにより雰囲気がいいのです。
バーカウンターも充実しているのでここで
待ち合わせしつつ食事なんて素敵ですよね♪)

20070103c.jpg
(このときすごく素敵な
テーブルコーディネイトで大感激♪
かなり興奮してしまいました。笑)

20070103d.jpg
(クラシックな料理、でも味はとてもよくて
みなさんを満足させています)

20070103e.jpg
(来年はまた食べに行けるかな?)
posted by hikkoshi at 01:16| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

空港はこじんまり

コンサートも聴いたことですし
次の日はいよいよ帰国。
日本から「空港の免税でもしあったら買ってきて〜」という
リクエストも来たのでちょっと早めに
ホテルを出て、サンフランシスコ空港へ。

と威勢良く向かうも、この日は日曜日。
あっBARTは8時から運転スタートだったのでした。
あのフランスでも(笑)日曜日早朝からやっているのに〜
と嘆きつつでも早めに出たおかげで
それでも多少早く空港に着くことができました。
(みなさん、気をつけましょう〜)

昨年も思ったのですが、この空港意外に
こじんまりしている感じです。
こちらのHPをみると、24ゲートあり
米国でも最大規模の大きな国際空港とありますが
荷物検査後の免税店、とても少ないような
気がするのですが、私が見ていないエリアに
お店があったりするのでしょうか??
そんなわけで、頼まれものを探すも
お店の少なさもあって見つからず(涙)
となると時間があるので、ここはラウンジへ。

今回はノースウェスト便だったので
ワールドクラブというラウンジへ。
私的にはこじんまりしている空港(笑)なので
ラウンジも、こじんまりしているのですが
これがいい感じでちょっと気に入ってしまいました♪
家具も落ち着いているし部屋の区切り方も
絶妙でいいんです。
成田空港のラウンジは大きくてで
またアメリカのビジネスマンのお兄さん達が
(これまたみなさん身体もノートパソコンもかばんも
大きいんですよね。笑)
たくさんいて、なんか落ち着かない気がするんですが
こちらはシックでいい感じ。

20061230a.jpg
(ちょっとした誰かのお家みたいな雰囲気)

そしてここはサンフランシスコ。
もしやワインも・・・と期待したら
ちゃんとカリフォルニアワインがそろっていました♪
当然、私は全種類試飲・・というより
全種類しっかり飲んでしまいました(笑)

20061230b.jpg
(シャルドネ、カルベネ、メルロー勢揃い♪)

20061230c.jpg
(成田のは全面ガラス張りで明るくていいのですが
私にはちょっと落ち着かないかも〜)

すごく気分良くなってそして帰りのフライトへ・・・♪
posted by hikkoshi at 09:19| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

お客さんの心をつかむラベルのボレロ

サンフランシスコ・オペラ
クリスマス&年末年始休み(!?)で
ひといきついてしまったようなので
週末はサンフランシスコ交響楽団
演奏会に行って来ました。

20061231a.jpg
(この日は土曜日の夜の公演)

20061231c.jpg
(このシーズンは、何種類ものクリスマスツリーが
飾ってあります。いろいろな企業が協賛しているようです。)

20061231b.jpg
(パディントンのぬいぐるみのツリーなんてかわいいですね♪
気に入って何枚もパチリ。)

週末はちょっぴり値段があがったりすることもあり
全体的に日本より少し高めなチケットかな?

プログラムの曲目は
ヴォーン・ウイリアムズ
タリスの主題による幻想曲
モーツァルトのピアノ協奏曲第19番
フランスの近現代作曲家のアンリ・デュティーユ
「The Shadows of Tim(時の影)」
そしてラストはラベルのボレロです。

20061231d.jpg
(今日は楽器の種類がたくさん)

最初の幻想曲、私は初めて聴いた曲ですが
とてもきれいで美しい曲。
弦楽合奏2つと弦楽四重奏
(弦楽合奏のひとつにパートのソロ的に入る感じ)
という珍しい編成。
配置を工夫することで
音響に遠近効果も得られているようです。
この美しい曲と演奏に
お客さんも好反応!最初からブラボーがでていました。
(終わった後、交響楽団併設ショップに行くと
この曲のCD、一枚残してすべて売れてました。笑)

次はモーツァルトのピアノ協奏曲19番(これも大好きシリーズ♪)
ソリストは、キューバ生まれいまはNY在住のグティエレズさん。
全体的に丁寧な感じの演奏でした。

20061231e.jpg
(休憩時間はやっぱりワイン♪
サンフランシスコですから(たぶん。笑)
カリフォルニアワインがバーカウンターに
用意されています。この日はメルローで。)

20061231f.jpg
(休憩時間にバルコニーに出れるのがとてもいいです。
暖かいのでコートがなくても気持ちいい風にあたれます)

次は、アンリ・デュティーユの時の影です。
これは小澤征爾さん、ボストン交響楽団の
委嘱作品だそうで、ボーイソプラノのソロがつきます。
なかなかの難曲ですが、指揮者からかなり
離れた位置でひとりぽつんと立っている
男の子もがんばってソロを歌い上げ
お客さんも暖かい拍手。

最後は、ラベルのボレロ。
サックスまで入るこの曲は
数々の楽器がいるのですが
前の現代曲と大きくは編成が変わらないため
数人入っただけですぐ曲は、スタート。
とても小さな音でスネアがスタートしたというより
結構はっきりとした音と、早目なテンポで始まりました。
そしてフルート、クラリネットとソロが次々移ってきます。
テンポはかなり早めで、金管にソロが移っていくと
かなりはっきりとした派手な音で鳴らしてきます。
(ブラスの国だから?笑)
このちょっと早めのテンポと、しっかりとした旋律の
歌い上げが、お客さんの心をつかんでいるようです。
(お客さんが高揚しているのが明らかにわかります!)
そしてクライマックス。ここで初めて
指揮者トルテリアーさんは左手も使い
大きな指揮をし、激しい最後を迎えました。
その瞬間、半分以上の客が立ってで大きな拍手♪
(大リーグとかの生試合に行ったことがわからないのですが
テレビで見られるあのときの総立ちと似ていました。笑)
もうフィーバーで場内は大騒ぎでした。
パリで何度か聴いた時のボレロとは
明らかに違うこのボレロですが
ちゃんとお客さんの懐にはいっていました。

20061231g.jpg
(最後はみなさん満足。笑)

サンフランシスコ最後の晩は素敵なコンサートでした♪
posted by hikkoshi at 18:38| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Happy New Year!

明けましておめでとうございます。

早いものでブログを始めてから
ほぼ1年経ってしまいました。
これもみなさまのおかげです!
今年もご愛読よろしくお願いいたします。

数年前に撮った台湾・阿里山からの初日の出のお写真。
20070101.jpg
(ここはものすごく寒かったです。)

台湾は日本と時差が1時間ありますので
日本時間1時に新年になりました。
旧正月をお祝いするお国ですが
やはり新年はイベントとして楽しむようです。
花火がすごかったです!
posted by hikkoshi at 11:04| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。