2007年03月31日

マリア・カラスをはぐくんだこの地で

20世紀最高のソプラノ歌手といわれるマリア・カラス
ギリシャ系移民の子としてニューヨークで
生まれますが、その後両親の離婚と共に
ギリシャにもどり、アテネ音楽院で歌の勉強をします。
そして、現在のギリシャ国立歌劇場でデビューし
世界中の人を魅了しました。
彼女のレパートリーの椿姫やトスカは
圧倒的なものがあります。

今年は彼女の没後30年ということで
毎年行っているマリア・カラス・コンクール
(ピアノと声楽)を筆頭に
ギリシャではいろいろな企画があるようです。

そのコンクールの次の週運良く
ギリシャ国立歌劇場では彼女の主要レパートリーでも
ある「トスカ」の公演を発見♪
その主役トスカは歌のみならず美貌とスタイルもある
リトアニア人のKristine Opolaisさん
(主役ですが彼女はマリア・カラス・コンクールにも
出場できるぐらいまだ若いんですよね〜)
これならいかなきゃ〜ということで
さっそくチケットをとってもらいました。

20070318a.jpg
(魅了するポスター)

今回の演出、1800年のナポレオン軍の
頃のお話であるトスカを、第2次世界大戦
の頃の感じに変えています。
(演出家のねらいらしい)
そしてモノトーンを基調にしていて魅力ある演出。
ただしきっと古典的なものからはずれているから
賛否両論でしょう。
でも私は大好き♪)
ギリシャ的なハイセンスちりばめられたすばらしい演出で
このポスターにもその感じがみられました。
本当におしゃれという言葉よりセンスがとてもよい
お国柄だなぁ〜と痛感。

20070318b.jpg
(今晩はオリンピア・シアターです)

20070318c.jpg
(始まる前)


劇場はかなりこじんまりとしていて
ステージまでの距離が短くて一体感があります。
(全体的に小さいのでちょっと音は混じりにくいかな?)
そんな感じの劇場なので歌手の大音量を
直接身体にうけてしまうぐらいでした。
チェロの多重奏(いい感じです〜)から
あの超有名なクラリネットの長ーいソロ
なんかは目の前で聴いているような感じでした。
(話はそれますが、指揮者もこの大変なソロ奏者たちには
最後立たせていました〜)

20070318d.jpg
(特にトスカにはお客さんみなさん感激していました♪)

ところでこの物語。
話の中心の人たちはみんな死んでしまうぐらい
劇的なストーリー展開ですね。
でも恋に生きたトスカはとても素敵です。

20070318e.jpg
(余韻を残して帰ります〜)


posted by hikkoshi at 08:03| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リゾートでシーフード

今回のステイしているグリファダも
高級リゾートですが、ここは
アテネも近いので高級住宅街と
いった意味もあるようです。
そしてもっと話を聞くと
南の方にいけばここより土地が高いあるとか。
そこはヴォウリアグメニという湾と岬を持つ街でアテネから
20kmぐらい南の地域。
ここはもちろんリゾートかつ高級住宅街。
オリンピックではトライアスロンの会場に
なったそうです。

この日は、ここの人気シーフードレストランで
食事をしましょう〜ということになりました。

20070314a.jpg
(入ったのは23時過ぎだというのに
とにかく大勢の人。
おもしろいのは禁煙より喫煙エリアの方が
混み混みだったりします。笑)

とにかくギリシャのみなさんは
遅く食事始めるし、おしゃべりは
すごいし、たばこはすごいし(笑)で
レストランは大にぎわい!

20070314b.jpg
(なんと厨房の方へ連れて行かれ
お魚を選んでいいとのこと!
待ってました〜とばかりに選んで
調理法についても相談)

20070314c.jpg
(シンプルなグリルですがとても美味♪)

20070314d.jpg
(ここは白身のお魚もオーダー。他にもサラダや
ギリシャ風パエリア、カラマリというホタルイカのフライも)

20070314e.jpg
(とりわけして、オリーブオイルとレモンだけの
シンプルなソースを添えます。
これが恐ろしいほど美味♪極上のオリーブオイルと
レモンだけでこれだけの味を引き立てるとは〜!)

20070314f.jpg
(やっぱりギリシャワインですよね♪)

すごーく、満足しました。
客層もよく、ギリシャにきたらちょっと足を伸ばして
来たいところですね♪
(ちなみに食べ終わったのは25時すぎてました〜笑)
posted by hikkoshi at 06:35| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一の夕日

せっかくリゾートエリアにいるのですから
北にあるアテネよりはむしろ南の
エーゲ海を見に行きましょう〜♪と
いうことになりました。

ギリシャ神話に出てくる海の守護神ポセイドン
の神殿があるスニオン岬にいってきました。
スニオン岬は今回リゾート滞在している
グリファダより、55kmぐらい
南にあるエーゲ海を見渡すことの出来る岬で
ここの夕日は世界一♪というお話です。

20070313a.jpg
(断崖絶壁の上に建つポセイドン神殿)

今回、ギリシャでとても有名な方が
(外を歩いていると頻繁に握手求められています。笑)
自ら運転して連れて行ってくださり
しかも神話のレクチャーもしてくれちゃいました♪

20070313b.jpg
エーゲ海、そして神殿と夢のような空間)

20070313c.jpg
(ここにいる人が誰もがじっと
夕日が沈むのを見ています)
posted by hikkoshi at 05:12| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

アテネ郊外でリゾート〜



パリを経由してさっそくギリシャの首都アテネへ♪
本当はそこからエーゲ海の島々に行く予定だったのですが
それには今回はスケジュールがちょっとタイト。
ならばいつものようにアテネ滞在に
しましょう〜ということに。
しかしちょうどいま学生運動が激しくて
アテネ市内いるのはちょっと危険かな?と
思い、せっかくなのでアテネから15kmぐらい
海側にあるリゾート、グリファダに急遽
過ごすことにしました〜

ここは、いまアテネからトラムが出ているのでいまはとても便利。
(今度は地下鉄がここまで来るみたいですよ♪)
本当に素敵な住居があちこちにあります。
また街中はブティックやおしゃれなレストラン
であふれています。

20070315a.jpg
(もちろんここには素敵な海岸があります)

20070315b.jpg
(なんといってもエーゲ海♪)

20070315c.jpg
(このあたりのホテルや住居にはプールがお約束♪)

20070315d.jpg
(お花もとてもきれいな季節♪
今回滞在しているホテルはこんな感じ〜)
posted by hikkoshi at 17:34| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

駅近でフレンチ〜

静岡駅周辺はどんどんきれいになっていますね。
この日は近年合併した旧清水市の方にいたのですが
東京帰るついでにせっかくだから
静岡駅に行こう〜となりました。
しかしその足で東京へ戻らないといけません(涙)
なので駅から近くて割と早くからスタートしている
フレンチを探すと・・ありました。
昔のステーションホテル、いまは改装して
おしゃれになったHotel Priveのフレンチ、Chez Paulです。
このホテル・プリベは結婚式にかなり力を入れている
ホテルみたいですね。
さっそく予約をしてみると、ホテルのフロントが
電話を受け取る感じで、ちょっとびっくりしますが
ちゃんと予約ができます。
そして、いってみると、こじんまりとした
かわいい感じのホテル。そしてまだとても新しい感じです。
荷物はホテルのクロークで預け、2階のウェーティングルームで
少し待つと、そこは結婚式を迎えるカップルたちの
打ち合わせ場所でもあったのです〜(笑)
そのときは5組ぐらいの結婚式を迎えるカップルたちが
いたのですが、年齢層も広く3人組だった
私たちの方が異様に映ったに違いありません(笑)
そこで10分ぐらい待ち(なぜか長い!?笑)
さっそくレストランへ。
今日は東京に戻ることもあり一番ミニマムのコースで。

20070311a.jpg
(こじんまりとしている雰囲気のある入り口。)

20070311b.jpg
(食器などが凝っています。
結婚式場がベースになっているから??)

20070311c.jpg
(アミューズ。プロムシュートは特に美味♪)

20070311d.jpg
(前菜ですが、海老芋とえびをあわせたもの。
クリーム系の甘めのソースですがおいしかったです)

20070311e.jpg
(スープですが、これも古典的ながらうずらの半熟卵が
載っていてかわいい感じ)

20070311f.jpg
(メインは魚と肉から選べます。魚は金目鯛)

20070311g.jpg
(もう一つのメイン。牛のほほ肉)

イメージとしては、結婚式でよく見られるフレンチが
個人でも食べれるレストランという感じで、
良い意味で楽しめ、お得感もありました。
サービスも式場的(!?)でありますが
きっちり押さえていて心地よさがあります。
ランチはもっと手軽に楽しめるようですよ〜♪
posted by hikkoshi at 15:36| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

いよいよ日本発の国際線でも液体物チェック〜

3月1日から液体物を機内に持ち込むための
ルールが明確化されましたね。
アメリカ便などは以前から積極的に
やっていましたが、いよいよ国を挙げて
統一ルールを決めて日本発国際線では、
次のようになったようです。

100ml以下の個々の容器で
(100mlなら結構はいるかもです。
しかし飲み物等だと限られますね。
スプレーも大丈夫みたいですよ)

1リットル以下のジッパー付き無色透明プラスチック袋に
(いわゆるジップロックとかですよね?)

1人1袋まで、検査トレーへ
(他の貴金属などと同じように
トレーにいれればいいのである意味楽〜
他国の空港だと液体物の中身まで
積極的かつ科学的にチェックしていますね。
私が見た範囲では今日はそれはありませんでした)

意外に時間がかかるかと思ったのですが
それほどでもありませんでした。
しかし以前よりは確実に時間は
かかっているので、これから
旅行される方は少し多めに時間を
見積もった方がよいでしょう〜

20070312a.jpg
(入り口で液体物について聞かれます。
ジップロックがなければ、ここで
1枚だけくれます。もし自分で持っていると
先に言ってしまうとそれ以降くださいといっても
くれなかったり・・・笑)

20070312b.jpg
(いまラウンジのワインでまったりしてます〜)

20070312c.jpg
(今日は夜便です。私は機内ではよく眠れないタイプなので
夜便はちょっと苦手だったりするのですが
出発前の雰囲気が独特でそこはとても好き♪〜笑)
posted by hikkoshi at 20:19| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。