2006年02月19日

出かけるときはRIMOWA

かばんといってもスーツケースとアタッシュケースのお話です。
スーツケースは、歴代4つぐらい使いました。
最初は、お古(しかも年代物)でキャスターがすぐだめになり1回しか
使った記憶がありません。
次は、初代が小さかったと言うこともあり、ディスカウントショップで
1万5千円ぐらいの大きなスーツケースを買いました。たくさん物ははいるものの、
使い勝手が悪く(安いからですね)、これも壊れませんでしたが
人にあげてしまったような記憶です(よく考えるともらった人に悪いですね。涙)
第3代目は、数万ぐらいのものだったような気がしますが(これも譲り受けたもの)
重い荷物をいれて何度も使ったせいか、取っ手がとれてしまいました。
まだ使えると思うのですが、毎度チェックインのたびに免責のサインを書かせられたり
(この壊れたのが航空会社のせいにされないためですね?)
するのも面倒ということもあり、次世代を探すことにしました。
ただこのスーツケースはかなり活躍した上に、第2の人生として
いま家の洋服ダンス化しています(笑)

そしていまのスーツケースですが、あまり安いのを買うと
壊れたり、使い勝手が悪いので、ここはひとつ奮発して
いいものを買おうということにしました。
かばん収集の趣味はさすがにないので(笑)
ひとつだけでも万能なサイズということで物色しました。
そうするとなんと、かばん専門店であのRIMOWAがディスカウントされていました。
当時はこのかばんを安く売っていることが少なかったので
さっそくチェック。どうやら一世代前の型番で、使い勝手にやや
不満も残りそうな気配でしたが、値段に負けて(笑)購入しました。
そして、いまこのスーツケースが現役として働いています。

RIMOWAのいいところは、ケースはしっかりしているのに
(航空機関係とかでも使われているみたいですね)
軽く、そして、デザインがおしゃれです。
世界中の空港でこれを持ち、颯爽と歩いているおしゃれな人をよく見かけますよね?
そんなのにあこがれて買ってしまったところもなきにしもあらずです(笑)
あと、誰もが思っていると思うのですが
使うと不思議と味が出てくるのです。
家においておくとそのままインテリア?みたいになってしまうよさがあります。
そんなところも魅力です。

そして、アタッシュケースです。
先日の、飛行機の中で寝る話ですが、そのときに写っていたのが
同じくRIMOWAのアタッシュケース。
これも頑丈で、私が座っても壊れません。
これが非常に貴重で、いままで座席がとれなかった新幹線の時に
いす代わりとして何度も大活躍しました。

20060218.jpg
(本来なら色と材質はそろえた方がおしゃれなわけですがこのアタッシュケースは
日常も使うので、どちらかというと無難なブルーにしました)

少し値段は高いですが、壊れても修理ができますので
こういったところもRIMOWAの魅力のひとつです。


posted by hikkoshi at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。