2006年03月25日

バッハのシャコンヌ

先日、変奏曲好きというお話を書いていたわけですが
結局曲を挙げても挙げても切りがないので(ほとんど無意味。笑)
途中で打ち切ってしまったわけですが、やっぱり
これははずせない〜というものが出てきてしまいました(笑)

というのも、この表題にある、バッハのシャコンヌを
数日前に思い出してしまったからなんです。

少し解説をいれるとこのバッハのシャコンヌは、
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番の終曲でありまして
たくさんある無伴奏ヴァイオリンの曲のひとつです。
(これらすべてがすばらしいのですが、シャコンヌは私の中で
お気に入り中のお気に入り)

はじめの8小節の主題を29変奏行うのですが
その中ではさまざまなドラマがあり、これをバイオリン一本で
演奏するという名曲というだけでなく難曲でもあります。

もちろん、これだけの名曲なので、さまざまな編曲があります。
ブゾーニという作曲家兼名ピアニストが編曲した
ピアノ版・・・これは元の曲をベースに劇的な演奏効果を加えています。
実は、数日前、最近この曲を練習しているという
ある方に偶然弾いてもらったのですが(目の前で!)
あまりのすばらしさに大感激。
(今後この方に会うたびに懇願しそうで怖いです・・・笑)
そしてブゾーニの編曲は編曲の域を超えている・・・とひたすら感激。

また当然のごとく(!?)、オーケストラ編曲、弦楽合奏編曲版も
あるわけです(さまざまな人が編曲していますね)
これも奇しくも、数日前、私の大学時代の親しい先輩が
(小さい頃から特別な音楽教育を受けたわけでもなく
私と同じく普通に一般の大学を卒業したと思ったら音大に入学して
プロの指揮者になってしまい、そしていまや世界のコンクールで
入賞しているという凡人離れした驚くべきお方)
「今度、弦楽合奏のシャコンヌを演奏会でやるから来て♪」
とうれしいメール!!

というわけでこんな偶然が重なったので、思わず日記に書いてみました。
(またアマゾンでCDを買ってしまいそう〜笑)

ネットで調べてみると、詳しい解説もあり演奏をフリーで
タウンロードできるサイトがあったので最後に紹介しますね。

無料クラシック音楽MP3配信サイト (机の上の交響楽)
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ 第2番より


posted by hikkoshi at 11:03| パリ ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。