2006年06月23日

ショコラ入門者には

フランス、ベルギーショコラを巡る旅
―テオブロマ土屋公二が案内する

土屋 公二 (著)

スイーツには、めっぽう弱い私・・・
と書くと、大好きという風に読み取れますが
実はその正反対で普段自分からは率先して
パクパク食べなかったりします。
(このブログだけを読むと「うそでしょ〜」と
思われるかもしれませんが、ホントなんです・・)
その上、せっかくとびきりのスイーツを食べても、
名前や食べ物の背景などすぐ忘れてしまうという
悪い癖がついていたので、ここは奮起して
最近少しずつ覚えるようにしています。
そしてスイーツよりもっと弱い分野がショコラ。
ショコラは特別かつ高級な贈り物として
よく出番がありますから
やはり知識を多少なりとも持たなければと思っています。

そんなわけで、ショコラ初心者にも分かりやすい
本を、教えていただきました。

20060623a.jpg
(いまスイーツやショコラを勉強されている
いつもとてもハイセンスな方から
この本を紹介していただきました。
最初は、借りて読んでいたのですが、完全に
深く読みふけってしまい(笑)
ついに自分で入手してしまった次第です。)

この本の気に入ったところは、
もちろん有名なところから、これから隠れた名店
も押さえられているだけでなく、
土屋さんのショコラに対する哲学が書籍から
にじみ出ているところでした。
またショコラのお店だけでなく、ショコラにまつわる話
(たとえば書籍やグッズなど)も書いてあり
全体的にショコラ文化を感じられるところも気に入りました。
(私はこういった感じの食に関する書籍を好んで読んでます)

 この本に関連して下記のサイトも
 お役に立てるかもしれません。

 東京で「フランス、ベルギー ショコラを巡る」(Allabout)

さてさて、この書物をご存じの方、かつこのブログを読まれた方
必ずしや気づくことがあるはずです。
そうです。ショコラの旅は、この本がネタ本だったのです♪


posted by hikkoshi at 19:40| パリ ☀| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。