2006年08月14日

ちょっとレベルあがった?

今日ふと思ったのですが
JALのビジネスクラス、SEASONS
料理、年を追うことにだんだんおいしく
なってきているのでは?と思いました。
頻繁にはビジネスクラスに乗れない(涙)ので
味の差異をそれほど厳密にはわかっていないですが
ここ何年かのスケールで考えて見ると
食べた後の満足度がかなり違う気がします。
航空業界の激しい競争で、どこも大手は
食事にも力をいれているという記事は
あちこちでみますが、
強く実感したのは初めてです。
レシピや素材そのものだけでなく
調理法や、保存法、機内での最終調理法
もここ何年かで進化しているのでしょうか?
是非是非業界の人に聞いてみたいものです。

20060814a.jpg
(前菜ですが、彩りがとてもきれい。
えびのサラダとマンゴーのタンバルは気に入りました。
ワインは、ここではブルゴーニュのメルキュレーを
選びました。この日はシャンパンからリキュールまで
一通り呑んでしまいました。笑)

20060814b.jpg
(メインのスズキとえびのソテーです。
奥にあるのが、南魚沼産のごはん。
機内での炊き立てとメニューには書いてあるのですが
どのようにして炊いているのか興味あります。笑)


posted by hikkoshi at 01:58| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。