2006年12月30日

のだめカンタービレ 英語版

サンフランシスコ、ダウンタウンの中心である
ユニオン・スクエアーの前にある本屋に
ふと入ると、のだめカンタービレ英語版を発見!!

最近発売された6巻と7巻しかなかったのですが
思わず、買ってしまいました♪
お値段は10.95$でコミックとしては高め。

吹き出しはもちろん英語になっていますが
日本語と違うのはかわいい手書き調フォントに
なっていること。
(これって活字なのかな?)
そして、のだめのコミックの特徴である、枠外などの
おもしろい細かいひとことまで小さい字で
英語になっています(笑)
そして訳ですが、実は結構誤訳があったりで
ときおりう〜んとうなってしまいますが(笑)
平易な英語でかつスラングも少なめで
英語のお勉強に使えるかもしれません〜
あと日本語のだめは電車の中で
読むのは厳禁(!?)というぐらいの
爆笑だらけの漫画ですが、多くが忠実に訳された
このような英語だとアメリカ人は
日本人と同じところでは笑わないかも?と思いました。
みなさんはいかが思いましたか?
こういうのってどう訳せばいいのかわかりませんね〜
(この難しさこそがのだめワールド!?笑)

20061213a.jpg

数日前、台湾へ出発する前にふと成田空港の第2ビルの本屋に
立ち寄ったらまたもや、のだめカンタービレ英語版が・・・(笑)
お値段も1700円+αでかなり高めでしたが
せっかくなのでまた2冊入手してしまいました♪

そこで購入なのですが、アメリカだとほとんどが
定価だと思いますので
10.95$+税金(州によって異なりますが8%ぐらい)に
120円程度の換算レートがかかりますから
だいたい1400円弱程度になるはず。
そこでお買い得なのが日本のアマゾン
ほとんどが1200円前後なので、2冊以上購入して
送料無料になれば、いちばんお得ですね。

のだめの大学生活はとても楽しそうですね〜。
数ヶ月前にも身近な音大生の方々に思わず
「大学にのだめや千秋先輩(みたいな人)っているの?」
聞いてしまったぐらいです。
いまコミックではフランスで活動する二人が出てきますが
早くフランス滞在をしたい私にはうらやましい〜(笑)
今後がますます目が離せません〜♪


posted by hikkoshi at 23:33| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。